期間が決まっている|中絶手術にかかる費用を知ろう│中絶は早めに行なう必要がある
ドクター

中絶手術にかかる費用を知ろう│中絶は早めに行なう必要がある

期間が決まっている

下を向く女の人

東京などの病院で中絶手術を受けるのには期限があるといわれています。妊娠後中絶ができる時期は、22週未満と法律で決められているので、東京にある病院で中絶を検討しているのであればその期限内に行なう必要が出てきます。この期限内に行えないとういのであれば、出産をする必要があるので注意しましょう。法律で決められた期間へ不満を持つ人もいますが、この決められた期限にはちゃんと理由があります。22週間未満に東京にある病院で中絶が行えないと、母体への負担がとても大きくなるため危険といわれているのです。また倫理的な観点から、22週間を過ぎてからの中絶には問題があります。そもそも体の中にいるのはあくまで一人の人であるため中絶自体に賛否両論があるのはしょうがないことといえるでしょう。決められた期間内の中絶自体は法律で禁止されていないので、今後経済的に不安があるなどやむをえない理由があるのであれば一刻も早く手術を受けましょう。

中絶手術は妊娠から日数が進むに連れ、母体への負担が増していくという理由から早めに行なうようにしましょう。妊娠から12週目までに手術を行えばかかる負担も小さく、そして手術にかかる費用も少なく済みます。また12週目以降の手術を行なう場合は、中期中絶手術を行わなければいけません。そうなると、負担も大きくなってくるので、母体への悪影響を与える可能性も大きくなります。子供を生むという選択をしないのであれば、一日でも早い段階で東京にある病院で中絶手術を受ける必要があるということを忘れないようにしましょう。